真面目な人必見!下の子出産後の不安とどう向き合う?放置スキルが鍵をにぎる!

なかなかできない!泣いてる子供を放っておくこと

育児って本当に大変ですよね〜。

完璧主義な人にとって、育児は本当に大仕事です。

どこかで諦めたり、落としどころを見つけて、手を抜きながら毎日やっていくしかないのです。

しかし、子供がまだひとりだった頃、自分の全神経はその子に向かい、泣けばすぐに声をかけたり抱っこしてみたり。

そんな毎日が当たり前でした。

しかし、2人目が産まれれば、そうはいきません。

両方が泣いた時、どちらかには待っていてもらう、我慢してもらうしかないのです。

それしかない。しかし、完璧主義な人にとって、それはなかなか簡単にできる事ではないんです。

私は、2人目が産まれて自宅に帰った次の日の明け方、夫が不在で長男と次男が同時に泣き出し、慌てて母を呼びました(笑)

声をかければ大丈夫!

そんな中、ひとりをお世話している時は、もうひとりには声をかけることから始めました。

まずは上の子を優先して、下の赤ちゃんには「待っててね〜。今お兄ちゃんオムツ替えてるからね〜」「お兄ちゃんご飯終わったら、オムツ替えようね〜」など、話しかけながら少し放っておくのです。

産まれたばかりの赤ちゃんは、まだいろいろなことがよく分かっていないので、こちらの言葉を理解することはできないかもしれませんが、自分の精一杯の訴えに、応えてくれてるってことはきっと伝わっています。

そして、お世話できるようになったら「待っていてくれてありがとうね」と笑顔で抱っこしてあげれば良いのです。

上の子も同じで、「ちょっと待っててね。赤ちゃんお腹が空いたのかな。ミルクあげるね」と声をかければ、多少グズっていても泣いていても大丈夫。

慣れに気をつけよう

しかし、すっかり2人育児に慣れてくると、2人がギャンギャン泣いていても、つい他のこと(家事など)を優先してしまうことも増えてしまいました😅

これではいけないなぁと反省する日々です。

今では、同時に泣かれることへの不安もすっかり無くなりました。

慣れってすごいですね。

まとめ

2人目産後すぐの頃は、本当に不安だらけでした。

ひとりで、2人どうやってお世話したら良いのかなぁと悩みました。

答えは簡単。

諦めることでした。

2人を完璧に見ようと、どこかで緊張していました。

でも、そんな必要はないし、無理なんです。

ママはひとりしかいないのです。

真面目で完璧主義なママには、難しい事ですが、大丈夫。

肩の力を抜いて、自分のできることからやっていけば良いのです。

がなママ

4歳と2歳の息子を育てている主婦です。気ままに適当な日常を綴っていきます。4歳の息子は少し発達遅延があります。
子育て以外にも、幅広くいろいろ書いていきたいです。
お見苦しい記事もあるかと思いますがお付き合いいただけると嬉しいです。

がなママをフォローする
育児
スポンサーリンク
がなママをフォローする
富士宮市で育児楽しんでます

コメント

タイトルとURLをコピーしました