陣痛から出産までの記録1(長男の時)

過去の話になりますが、陣痛中のことを書きたいと思います。

今から3年前に長男を無痛分娩、1年前に次男を普通分娩で出産しました。

長男の時どんな感じだったか書きたいと思います。

陣痛の始まりは深夜3時におしるしが来て、最初から2〜3分間隔で、バラバラでした。

なので私はてっきり前駆陣痛だとばかり思っていました。

最初は痛いとかはなく、なんとなくお腹がじんじんするな〜という感じ。

それから本格的な痛みになるまで、ウォーキングマシンに乗って歩いたり、お風呂に入ったりして過ごしました。

9時を過ぎた頃、少し眠たいな〜と思い、ベットで横になるも、陣痛の波で起こされ、寝たり起きたりを繰り返して過ごしていました。

お昼を過ぎた頃、急にズシンと骨盤?が開くような重たい感じと激痛が…。

これはヤバい、と慌てて仕事中の旦那さんに電話しましたが繋がらず、私の母に来てもらい病院に向かいました。

母が来るのを待っている間に、どんどん痛みが増して、苦しくて、ひたすら歩きながら呼吸に集中していきみ逃しをしていました。

自宅から病院までがまた長く、40分くらいかかったのですが、歩いていないときついのです。

ソフロロジー法、侮れませんね!

私がいきみ逃しにやったことは、波が来たらひたすらお尻を押さえつつ、ゆっくり歩いて、心の中で1〜20までの数を数えながら

少し遠くにロウソクの火が揺れていて、それを消すようなイメージで、ゆっくりゆっくり息を、ふうーっと吐き出すという呼吸法です。

陣痛中は息を吸うのが結構苦しいので、ひたすら吐く事に集中して、ゆっくり歩くのです。

これで結構痛みや苦しみを誤魔化せたような気がします。痛みとは別の何かに集中する事が大切なんだと思います。

続く😊

がなママ

4歳と2歳の息子を育てている主婦です。気ままに適当な日常を綴っていきます。4歳の息子は少し発達遅延があります。
子育て以外にも、幅広くいろいろ書いていきたいです。
お見苦しい記事もあるかと思いますがお付き合いいただけると嬉しいです。

がなママをフォローする
妊娠・出産
スポンサーリンク
がなママをフォローする
富士宮市で育児楽しんでます

コメント

タイトルとURLをコピーしました