陣痛から出産までの記録3(長男の時)

薬を入れて10分くらいでしょうか。

さっきまでの苦しみがスーッと消えて、一気に楽になりました。

薬は、背中から、おそらくカテーテルか何かで入れました。 薬が入ると、背中に冷たい感覚がありました。が、痛くはなかったです。

カテーテルを入れる時に、先生に「絶対に動かないで!」と言われて、横を向くのですが、この時は陣痛の波がすでに数十秒おきだったので、本当にキツかった(༎ຶ ෴ ༎ຶ) おそらく一番忍耐力を問われる瞬間でしたが、もう少しで楽になる!もう少しで楽になる!と言い聞かせて頑張りました。もはや気合の領域です。👹

ああ、今思い出しただけでもオソロシイ😂

とにかく私は、陣痛中にじっとしているのがつらいタイプだったので、破水からの出産だったら死んでたな、と思います。 破水からの出産については全く詳しくないのですが、確かあまり動けないような事を聞きました。

そして痛みもひいたところでいよいよ出産です。

助産師さんの指示どおりに、お腹がじんじんしてきたら、大きく深呼吸を2回して、お腹を見るようにしながらいきみます。

この時、大きく息を吸わないと、赤ちゃんが苦しいそうです。

なるべく呼吸を意識して頑張りました。

まぁ薬のおかげでほとんど痛くないので、この辺りからはかなり冷静です(笑)

しかし初産なので、結構時間がかかりました。 10回くらいかな?いきんだところで、長男無事に誕生!かわいい産声を上げました。

初産の場合、まだ道が出来ていないので、赤ちゃんは3歩進んで2歩下がりながら出てくるらしいですね。 一生懸命道を作りながら来てくれるので、時間がかかります。

こんな感じで、長男を無事に出産いたしました。

「陣痛はこんな痛みじゃない!」

そう勘違いしていた事で乗り切れた出産だったと思います。

無痛分娩費用は少し勿体無かったけど、とても良い経験が出来ました🤗

がなママ

4歳と2歳の息子を育てている主婦です。気ままに適当な日常を綴っていきます。4歳の息子は少し発達遅延があります。
子育て以外にも、幅広くいろいろ書いていきたいです。
お見苦しい記事もあるかと思いますがお付き合いいただけると嬉しいです。

がなママをフォローする
妊娠・出産
スポンサーリンク
がなママをフォローする
富士宮市で育児楽しんでます

コメント

タイトルとURLをコピーしました